【中華ホン恐るべし】Vsonicのイヤホン「VSD5」レビュー

Vsonicのイヤホン「VSD5」

先日Fostexのイヤホン「TE-05」を売却したことを記事にしました。
今回はそのお金を使って、Vsonicのイヤホン「VSD5」を購入したのでレビューします。

ちなみにTE-05を購入する際に、最後まで悩んだイヤホンでもあります。

「Vsonic VSD5」の外観

VSD5 箱

箱は簡素。
Vsonicは中国のメーカーなので、中国語で書いてあります。

VSD5 付属品

他のイヤホン同様にポーチやイヤーピースが付属しています。

ダイヤモンドカット加工されたVSD5

本体の外観。
ダイアモンドカット加工されており、中身が見えるようになっています。

値段の割りに少し安っぽいような…。

VSD5 付属のイヤーピース

付属のイヤーピースは通常の物より細長いです。

プラグ部分

プラグ部分はしっかりしています。

やや不安なケーブル分岐部分

ケーブル分岐部分も透明になっていますが、断線しそうで怖い(笑)

VSD5にイヤーフックを装着

VSD5はシュア掛け式なので、イヤーフックが付属しています。
イヤーフックがあった方が安定しますが、少し外れやすい気がしますね。

実際に使ってみて

音質

ダイナミック型ですが、音はかなりクリア。
全体的にバランスの良い音ですが、少し高音域寄りに感じました。

疾走感のある鳴り方なので、ジャンル的にはロックやJ-POP、アニソンなどに合うんじゃないでしょうか。

1万円台でこの音質はかなりコストパフォーマンスが高いと思います。中華ホン恐るべし。

装着感や遮音性

装着感については、同じシュア掛けのイヤホンとそんなに変わりません。
ケーブルは、タッチノイズが少なくいい感じです。

遮音性については、付属のイヤーピースがイマイチなせいか微妙に感じました。

そこでイヤーピースをオーディオテクニカの「finefit」と交換。
装着感だけでなく、遮音性も向上し電車でも問題なく使用できています!

最後に

中国メーカーのイヤホンというとまだまだ馴染みが薄いと思います。
しかし、日経トレンディネットに記事がありましたが、最近ではかなり音質などが伸びてきているようです。
http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/110500009/

今回レビューしたVSD5は、価格やデザイン的に定番のイヤホン「Shure se215」がライバルなんじゃないでしょうか。

個人的にはse215よりおすすめです。(リケーブルできないし安っぽいけど…)
機会があれば是非とも試聴してみてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする