完全ワイヤレスイヤホン「Nuforce BE Free8」を一週間使ってみたのでレビュー。

Nuforce BE Free8

Makuakeで出資していたNuforceの完全ワイヤレスイヤホン「BE Free8」が到着しました。
発送時には通知してくれるものと思っていましたが突然届いてビックリ。

まだ一週間程度しか使い込んでいませんがレビューしていきたいと思います。

BE6iは素晴らしいワイヤレスイヤホンでしたが、完全ワイヤレスのBE Free8は果たして。

BE Free8を開封

BE Free8のパッケージ

まずはBE Free8のパッケージ。

BE Free8の箱を開封

BE Free8本体とケースがいきなりお目見え。
画像には写っていませんが、充電用マイクロUSBケーブルや説明書も付属。

バッテリーボックス

バッテリーボックスは右側のイヤホンは右側、左側のイヤホンは左側にしか入らないように設計されています。
軽く乗せるだけで充電が開始され、使用中の場合も自動で電源が切れます。

サイズが思っていたより小さいのに加え、繭型なので手のひらにスッポリ収まります。
光沢感があるのはいいんですが、指紋がつきやすいのがちょっと残念。

充電時には光る仕様

イヤホンが充電されているかどうか光っているのですぐに分かります。

バッテリー残量は白色LEDインジケーターで判断可能

バッテリーボックス自体の残量は白色LEDインジケーターで判断できます。
画像だと3つ光っているのであと3回(=12時間分)充電が可能

充電用ポートは下側にあるので、携帯しながらの充電も問題なさそう。

BE Free8本体

BE Free8本体には専用に開発されたSpinFitが装着されていました。

専用だけあって通常のイヤーピースと比べてかなり短め。
なお通常のイヤーピースに交換してもボックスへ収納できます。

人間工学的「エルゴノミクス」で設計されているだけあってフィット感は良好。

「R」と「L」で左右の区別ができる

操作用のボタンが左右両側に付いています。
後述しますが操作に使うのは主に左側の方だけです。

電源オンオフなどはLEDインジケーターで分かる

電源オンオフなどはLEDインジケーターで確認できます。
Bluetoothイヤホンには使用中にずっと光る機種もありますが、BE Free8は光りません。

BE Free8の良い点

ワイヤレスとしては十分過ぎる音質

肝心のBE Free8の音ですが、クリアでとても良いです。
音の傾向は、低音が強めの所謂ウォームな音質といったところ。

流石にBE6i程ではありませんが、完全ワイヤレスということを考えれば十分過ぎます。

iPhone使いなのでaptXについては未確認。
しかし、Twitterなどのレビューを見る限り音質に期待できそうです。

遅延の少なさ

遅延が無いとまでは言えませんが、全く気になりません。
動画も問題なく見ることができたので、遅延が気になる人におすすめ。

ゲームについては未確認ですが、音ゲー以外なら問題なくできそうです。

最長16時間のバッテリー

バッテリーについてはおそらく残量に悩むことはほぼ無いでしょう。
BE Free8自体が4時間、ボックスが12時間なので最長で16時間分(=4回分)もあります。

これだけ持つなら、ちょっとの買い物くらいならケースも不要そうです。
その代わり、紛失しないように注意する必要がありますが。

BE Free8の気になる点

ホワイトノイズがある

Twitterでも多くの人が触れていますが、ホワイトノイズがあります

室内で静かな曲を聴くとほぼ確実に気になってくるレベルです。
ノイズの音量はどうやら一定で、プレイヤーの音量をいじっても変わりません。

外で使う場合には雑音で気にならなくなるかと思われます。

屋外での接続の不安定さ

室内ではあまり問題ないのですが、屋外だとやや接続が不安定です。

屋外で使用する場合、ズボンの右ポケットだと頻繁に途切れます。
一方、左ポケットだと大分安定しますがそれでもたまに途切れました。
胸ポケットだと全く途切れなかったので、端末と近いほど安定するのかもしれません。

このことについて購入者のレビューを見てみると、逆に安定していると感じる人が多いです。

どうやら端末側の関係もあるようなのでしばらく様子を見てみます。
それでも駄目ならサポートに相談ですね…。

【2017/12/5追記】接続の不安定さは初期不良が原因でした

ペアリングをやり直すなどスマートフォン側で色々と試してみましたが、屋外での接続の不安定さについては解決せず…。

サポートに相談したところ初期不良の可能性があるので交換対応してもらえることに。

交換してもらった2台目ですが、接続の安定性はかなり良好です!
さすがに皆無とまではいきませんが、頻繁にあった右ポケットの音切れが激減しました。

接続が安定しない場合、初期不良も疑って自分のようにサポートへの相談をおすすめします。

右側のボタンの存在

これについては短所という程ではないですが一応。

BE Free8には左右それぞれにボタンが付いています。
左側のボタンは電源のオン・オフの他に、トラック移動など様々な操作に使用します。

ところが右側については最初の接続の時だけしか使いません。
せっかく付いているんですからもっと有効活用できなかったのでしょうか。

現状だと持て余していてすごくもったいなく感じます。

最後に

不満な点もあるBE Free8ですが、完成度の高い完全ワイヤレスイヤホンだと思います。

とは言っても完全ワイヤレスイヤホン自体はまだまだ黎明期。
今まで有線のイヤホンを使っていた人が乗り換えるにはまだ抵抗があるかもしれません。

可能ならば購入前に一度試聴してみることを勧めます。

【2018/1/4追記】サポートについて

サポートの連絡先が分からない方が多いようなので追記します。
BE Free8に不具合などがあった場合、代理店であるバリュートレードに問い合わせてみてください。

次世代のライフスタイルを提案するバリュートレード株式会社

ちなみに自分はmakuakeで購入したため、メッセージでやり取りしました。
その際教えてもらった連絡先と同じなので、問い合わせは上記ページのフォームからで大丈夫なはずです。

コメント

  1. T.m より:

    初期不良で交換してもらってホワイトノイズが軽減したとかはとくにないですか??

    • zeno より:

      コメントありがとうございます。

      ホワイトノイズについてはあまり変化が無いように感じます。
      各レビューをみてもホワイトノイズの問題に触れているので、ある程度は仕方がないのかもしれません。

  2. Y.M より:

    サポートってどのようにコンタクトされましたか?
    自分のもの接続が悪く手に持ってないとブツブツ切れます。
    交換ないし対処方法を尋ねたいのですが、どこをみてもサポートの連絡先が分かりません。

    • zeno より:

      コメントありがとうございます。
      サポートの連絡先について追記しました。
      対処方法などについてはそちらに問い合わせてみてください。

  3. はる より:

    サポートの連絡先が見当たらないのですがzenoさんはどこに相談しましたか?

  4. Y.M より:

    やはり初期不良だった様で、交換して頂き快適に使える様になりました。
    サポートの連絡先を教えて頂き有難うございました。