JBLのBluetoothヘッドホン「EVEREST 300」についてレビュー!

EVEREST 300 箱

先日Prime Musicのキャンペーンで当選したJBLのBluetoothヘッドホン「EVEREST 300」が届きました。
数日間使ってみた上で簡単にレビューしたいと思います。

EVEREST 300 開封

EVEREST 300 内箱

中の箱はライブ?を意識したデザイン。

箱を開封

開けるとすぐに「EVEREST 300」がお目見え。

付属品一式

ヘッドホン本体の下には付属品一式。
説明書、充電ケーブル、有線ケーブルが付属しています。

ちなみに説明書はシンプル過ぎて少し分かりにくく感じました。

EVEREST 300 本体

EVEREST 300本体。
ちなみにEVERESTというのは、JBLのハイエンドスピーカーの名前だとか。

JBL ロゴ

ハウジングは滑らかとなっており、JBLのロゴが大きく描かれています。

EVEREST 300 イヤーパッド

左右の区別ができるように内部に「R」「L」と書いてあります。

充電用ポートと有線ケーブル用のヘッドホン端子

充電用ポートと有線ケーブル用のヘッドホン端子は右側のイヤーパッドに付いています。

電源ボタンとShareMe 2.0のボタン

また右側には電源ボタンと「ShareMe 2.0」のボタンが付いています。

ShareMe 2.0は他のBluetooth機器とリンクして音声を共有できる機能だそうです。
まだ試していませんが、他社製品とも共有できるのは便利かもしれませんね。

音量ボタンと操作用ボタン

左側のイヤーパットには音量ボタンと操作用ボタンが付いています。
操作方法はiPhone付属のイヤホンと同じで、真ん中のボタンで再生や停止の操作ができます。

やっぱりプレイヤーを触らずに操作できるのは楽で良いですねー。

折りたたみ可能

コンパクトに折りたためるようになっているので持ち運びに適しています。
ポーチは付属していないので、別途用意が必要です。(上位機種には付属しているようですが)

アップデートを忘れずに

http://jbl.harman-japan.co.jp/support/Everest_update.php
最高のパフォーマンスでヘッドホンを機能させるためにアップデートしておきましょう。
もっともアップデート前後でどう変わったのか実感できていませんが…。

ちなみに、アップデートファイルはWindowsからのみダウンロード可能のようです。

音質

音質については、とてもバランスの良い印象。
特定の帯域だけが必要以上に強調することもなく、フラットな感じですね。

有線でも聴いてみましたが、大きな変化は感じませんでした。

装着感

オンイヤー型のヘッドホンは基本的に耳が痛くなりやすい気がします。
EVEREST 300はそのオンイヤー型ですが、イヤーパッドがふかふかなので痛くなりません。

ただ、時期的に蒸れるので長時間の使用は少し厳しいです。

バッテリー

EVEREST 300を無線で使用する際は、バッテリー駆動となります。
バッテリーの持ちが気になりますが、はっきり言ってバッテリー持ちはかなり良いです。

数日間使っていますがiPhoneで表示されるメーターに変化がないので、公称の約20時間は間違ってはいないかと。

最後に

正直Bluetoothのヘッドホンは音質があまり良くないイメージが強かったです。
しかし、EVEREST 300によってそのイメージを完全に覆されました。

カジュアルな見た目ながら伊達にハイエンドスピーカーの名前を名乗っていません。

これからBluetoothヘッドホンを買おうとしている人には是非とも試聴してもらいたいです!

ノイズキャンセリング機能などが欲しい方は、上位機種の「EVEREST ELITE 300」をチェックしてみてください。