FOSTEXのイヤホン「TE-05」を購入したのでレビュー。

TE-05

FOSTEX(フォステクス)をご存知でしょうか?

FOSTEXは大手メーカーにドライバーをOEM供給しているフォスター電機のブランド名です。
知らず知らずにFostex製のイヤホンを使っている人も多いんじゃないでしょうか。

今回はそのFOSTEXのイヤホン「TE-05」を購入したのでレビューします。

購入のきっかけは値下げ

TE-05自体は以前から気になっていたいたのですが、値段が高いのでスルーしていました。

TE-05 価格推移

しかし、価格.comで価格推移を見ていると値下げされているのを発見。
前に見た時よりもかなり安くなっていたので購入することに。

「FOSTEX TE-05」を開封

TE-05 外箱

箱はしっかりしていて高級感があります。

TE-05を開封

開けるとイヤホン本体とケースが入っています。
側面には磁石が仕込まれています。

付属品

TE-05 付属品

ケースの他に説明書やイヤーピースも付属。

TE-05 付属ケース

ケースはしっかりした作りですが、普段使いには向いてない感じです。

「FOSTEX TE-05」の外観

TE-05 外観

イヤホン本体はアルミ削り出しで質感も良いです。

左右区別の目印

TE-05は着脱式ケーブルを採用しています。
接続部分には、左右区別のためにオレンジ色の目印が付いています。

ネットのレビューを見ると発売初期に目印はなく、後から追加されたもののようです。

ケーブルは透明

ケーブルは透明で中身が見えます。

実際に使ってみて

音質

音質はとてもクリアで刺さる感じはしません。
キラキラした音や透き通った声などはとてもよく響いていいます。
全体的に抜けが良く、音場が広いので窮屈さを感じません。

バランスの良いイヤホンなので、ジャンルを選ばず万能に使えると思います。

装着感

装着感は平均的なカナル型イヤホンと変わりません。

また、ケーブルのタッチノイズの少なさは凄いです。
触ってもまったくノイズがなく、今まで使ってきた中で一番だと思います。

TE-05の気になる点

遮音性

音質について文句はないのですが、はっきり言って遮音性は最悪です。
電車で使うのは無理に近く、室内専用と割り切るしかなさそうです。

ケーブルの仕様

リケーブルできるのがTE-05のメリットですが、他社製品との互換性が保証されていません。
通常のMMCX端子であれば、ケーブルの選択肢が増えるのですが…。

最後に

色々と問題点もありますが、良いイヤホンだと思います。
最近はBA型のイヤホンが人気ですが、ダイナミック型の良さを改めて実感しました。

激戦区の価格帯ですが、音質に関しては価格以上のイヤホンだと思います。

遮音性の問題については、今後対策を練る予定。

2016/1/13 関連記事投稿

先日購入したFOSTEXの「TE-05」についてレビューしました。 TE-05は音質は素晴らしいイヤホンなのですが、遮音性に関してはかなり悪い部類。...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする