話題のデジモノステーション特別付録「0SIM by So-net」を試す。

デジモノステーション 表紙

最近は格安SIMを利用する人が増えています。
実際に自分も、iPad mini Retina用に「IIJmio」と契約しています。

そんな中、雑誌「デジモノステーション」が SIMカードを付録にしていることで話題になっています。

500MB未満までならデータ通信無料

デジモノステーション 2016年2月号

12月25日発売の雑誌「デジモノステーション 2016年2月号」には「0SIM by So-net」が特別付録として付いてきます。

このSIMはなんと、1ヶ月500MB未満までならデータ通信が無料なのです!
通常必要な初期手数料も掛かりません。

既にネットだけでなく各所で売り切れ続出のようです。

地元の割と大きな書店は売り切れでしたが、コンビニでなんとか1冊入手できました。

0SIM 基本仕様

まずは基本仕様から。

形状:nanoSIM
規格:0SIM by So-net
種類:データ通信専用
データ量
・0MB~499MB:0円
・500MB ~ 2047MB:100円~1500円
・2048MB ~:1600円
速度制限:なし(ただし5GBまで)/NTTドコモ 4G LTE(下り最大225Mbps)
開通期限:2016年2月24日

400MB使った時点でメールで通知してくれるようです。
仮に使いすぎてしまっても、最大1600円なので安心ですね。

3ヶ月通信がないと自動的に解約されるので注意が必要です。

開封、そして契約まで

雑誌を開いてすぐのところに封入

SIMは雑誌を開いてすぐのところに封入されています。

今まで使っていたSIM

今まで使っていたmicro SIMを加工したものを取り出します。

SIMを挿入

0SIMはnanoSIMなのでそのまま挿入可能。
SIMは滅多に取り出さないので、ちょっと苦戦しました(笑)

プロファイルをインストール

次にAPNのプロファイルをインストールします。
APNの設定は解説動画が用意されているので初心者でも問題ないでしょう。

専用ページでアクティベーション
後は専用ページでアクティベーションを行います。
登録にはクレジットカードが必要です。

設定は以上で終了。

IIJmioとの比較

Speedtest.netで測定。
時間や場所によって結果は変わるので、あくまで参考程度に。

今まで使っていたIIJmioの結果

まずは今まで使っていたIIJmioから。

0SIMの結果

次に0SIMの結果。

なかなかの速度が出ています。
ネットやSNSを見る程度なら余裕ですね。

自分にはこれで十分?

現在とIIJmioと契約してますが、実は解約を考えていました。
IIJmioに不満がある訳ではなく、最近iPad miniを持ち出すことが減ったのがその理由です。

実際に今月持ち出したのは1、2回。
いくら格安のSIMとはいえこの回数で月900円は勿体無いです。
そうした現状を考えると、自分には1ヶ月500MB未満の0SIMで十分なのかもしれません。

品薄のようなので、気になる方はお早めにどうぞ。

2016/1/26 関連記事投稿

昨年末、1ヶ月500MB未満までならデータ通信が無料のデジモノステーション(2016年2月号)付録「0SIM by So-net(ゼロシム)」を紹介しました。 ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)
レクタングル(大)

フォローする